1. TOP
  2. iPS細胞はいつ実用化されるの?治療出来そうな病気を一覧してみた!

iPS細胞はいつ実用化されるの?治療出来そうな病気を一覧してみた!

2014/04/30 ヘルスケア
この記事は約 3 分で読めます。

iPS細胞というのは、

自分のカラダから取り出してきた細胞を、
他のどの臓器にも変形させることが出来るすごい細胞のこと!
image003

ドンジャラのオールマイティーのような
切り札的な役割があるんですね。

医療のさまざまな分野で期待されるiPS細胞ですが
いったいいつ実用化されるのでしょうか?!

調べてみると…

実用化までには10年・20年かかるとのこと。

ただし….。

もうすでに滲出型加齢黄斑変性を
持っている患者さんに対して

臨床実験も始まっています。

募集ページ

以前はガン細胞も一緒に作ってしまう。という問題点も
今では、研究によって克服していっています。

どんどん進展していっていますね。

文部科学省の資料から見るiPS細胞の未来は?!

ざっくり10年から20年って言っても
なんとなくしっくり来ないと思います。

実は文部科学省がiPS細胞実用化までのロードマップ
というものを2009年に作成しています。

そのロードマップを元に動いていると思われるので
ここからどのように進展していくのか読んだところ。。

あと5年(2019年)を目標にiPS細胞を人間のすべての部位に対して
臨床実験をする段階まで進ませようと考えているみたいです。
一般的に臨床試験は3年から7年位の期間がかかります。

その後さらに承認をもらうのに2年から5年かかるので
早くて10年で遅くて20年という数字は、
この辺から来ているのです。

2024年〜2034年の間にiPS細胞が一般的になる。
東京オリンピックが終わって4年後..すぐやってきそうですね。

iPS細胞が出来るとどんな病気が治せるようになるの?

どんな細胞にもなれる細胞ということは
すべての病気に効果があるような気がするのですが
具体的にはどんな病気を対象に研究しているのでしょうか?

これもロードマップを元にリストにしてみました!

  • 中枢神経系(統合失調症など
  • 角膜(点状表層角膜炎 など)
  • 網膜色素上皮細胞(網膜色素変性症など)
  • 視細胞(網膜剥離など)
  • 血小板(紫斑病など)
  • 赤血球(溶血性貧血など)
  • 造血幹細胞(白血病など)
  • 心筋(心筋梗塞など)
  • 骨・軟骨(骨粗鬆症など)
  • 骨格筋(筋原性筋萎縮症など)
  • 内胚葉系細胞

こうやってみると、ほぼすべての病気に対して
iPS細胞が活躍出来そうな勢い!

治療できない病気がなくなる日が早く来るといいですね!

今日も最後まで読んでくれてありがとうございました!

\ SNSでシェアしよう! /

心を満たす情報サイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

心を満たす情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

sugarbee

この人が書いた記事

  • 10baa1e4ff07979098a80a492c1f1a62

    蚊よけに効果があるのはどの成分?

  • dad-with-child-studying-bible

    「睡眠不足を英語で」なんて検索しちゃダメ!

  • 大宮エリーの福岡イムズに行く前に知りたいコト

  • もう迷わない!ジェットスター成田空港のターミナルはどっち?

関連記事

  • 福岡でエアリアルヨガを初体験!これは日本でも流行るのか?!

  • ストロンチウムの怖い影響とは?浄水器なしだと体内に溜まり続ける!?

  • 脳梗塞の原因は首ポキ?!前兆をチェックして予防を!

  • うつ病を簡単に診断!メディカルセルナをやってみた結果!

  • NO IMAGE

    口角炎の原因「かぶれ」を痛まずに自力で治す治療法はあるの?

  • NO IMAGE

    統合失調症の原因とは?!完治するまでの付き合い方は?